お金に関しての本を読んだ。

お金に関しての本を読んで、お金について考えたり投資とかなんとかしてる人たちが結構いるらしいことを知る。

 

自分が育った環境では、お金の話をしている大人はあまりいなかったような気がするし、時々いたけど、その時は周りの大人が、子供は聞かなくていいみたいな空気にしていたか。

お金を増やす為みたいな言動は品の良いことではないみたいな空気だったのか。 

みんなあんまりお金を持っていなかったと思うけど。(だから、ゆえに、)

 

うちの両親が自分にお金について教えたのは、もらったお金は計画的に使えとか、周りが出すときは自分も出せとか、それくらいだった気がする。

たぶん二人とも今日までお金のことをあんまり考えたことがない。

お金は親か親族かにもらったとか、どこかに勤めて会社からもらったとかだけだと思う。

そのお金を銀行に預けたり、生命保険に入ったりして、計画的に使ってきたのだと思う。

その辺りもいまだに聞いたことがないのでくわしくは知らない。

家のローンみたいな話も一回も聞いたことがない。聞いても言わない。

実家に泥棒が入った時も、なにをとられたか聞いても言わなかった。

なんとかさんは株を持ってるとか、あの人は株で儲かったみたいな事を言ってるのは聞いたことがある気がするけど、たぶん二人とも株がなんなのかくわしくは知らない。

どこで買うかも知らないと思う。

 

インターネットがなかったから、お金にせよなんにせよ、そういう集団に接する機会がないと、まったく情報も入ってこなかったのか。地方だし。

 

それを考えると、インターネットビッグバン感。すごい。