春の晴れた日のスーパーカブの青の具合がとてもいい。

最近は25℃だったり15℃だったりするので、いつも薄いダウンジャケットとしっかりしたジャンバーを持ち歩いている。

思わぬ寒さにさらされて風邪をひきたくない。

 

今日は薄いダウンジャケットもしっかりしたジャンバーもスーパーカブの箱に入れっぱなしだった。

 

昼に見たら、大阪、気温、24℃。

快晴、天気が良い。

 

午前中、太陽の光とか、空気の感じなどの加減でスーパーカブの青の具合がとてもいいと思えてうれしかった。

 

深い青とか紺色、メタリックなディープブルーとかいう感じ。深い青の中に、細かいラメがキラキラ光っている感じで、これはとてもいい感じだと思った。

 

今まで、好きな色は?と聞かれても自信をもって答えることが出来ない人生だったけど、今度聞かれることがあったら、その辺りを答えるかもしれない。

 

けど、一生その色だけでいいかと言われると、やっぱり、ちょっと待ってくれ、みたいな気持ちになる。

 

明るい色への憧れみたいなものはあるが、そればかりだと疲れた時にやっぱりちょっと明度彩度を落として欲しくなると思うので、思いきれない。確かに、そういうような人生だったなと思う。

 

好きな色を一色に決められた記憶がない。